【買取実務/商品知識】珍しい古銭(エラーコイン/ぞろ目紙幣)

今まで買取をした中で、特に珍しい古銭をご紹介します。

穴ズレ5円

中央の穴がずれています。これはエラーコインといい、通常は製造過程において廃棄されるべきものですが、どういうわけか流通してしまっています。しかもこの5円は一昔前のものであり、それだけでも価値があります。このようなエラーコインは流通枚数は少ないため、高値で取引されます。

写真に残っていないのですが、過去に中央の穴がふさがっている50円玉も買取をしたことがあります。

紙幣 000001番

こちらの聖徳太子5000円紙幣の上下左右にある製造番号をご覧ください。「FR000001R」となっております。完璧なぞろ目ではないですが、「1番」という点において十分に価値があります。ピン札で折り目もありません。保存状態も良好といえるでしょう。

旧日本軍軍用貨幣ジャワ1銭アルミコイン

こちらの貨幣は太平洋戦争時に製造されましたが、戦局の悪化からほとんど使用されず終わった珍しいコインです。残存数はごくわずかです。

上記のような珍しい古銭・貨幣は完全にコレクター向け商品です。コレクターがなかなか手放そうとしません。中にはこういった珍しいコインや紙幣だけを専門にコレクションしているコレクターもいるぐらいです。ヤフオクにも高値で出品・取引されているのをよく見かけます。コレクターにしかわからない魅力があるのです。