【コロナ断捨離】お酒の転売

実家のコロナ断捨離をしていたら、倉庫から大量のお酒が!これを転売したら、こないだのアパレル転売みたいに私も逮捕されるのかしら?(笑)

ちゃんとした手続きを踏まないと逮捕されるかもしれませんよ。特にお酒は気を付けてくださいね。

まず、家にあったものをヤフオクやメルカリなどに転売する分には特に問題ありません。しかし、最初から転売目的で仕入れて、それを転売するとなると、それはビジネス目的であると警察に判断され、古物商許可証が必要になるわけです。そこで古物商許可証を取得・所持していなければ逮捕もあり得ますよ。

更に、お酒を販売する場合は古物商許可証よりもむしろ酒類販売免許(酒販免許)の方が必要です。これがないままネットに出品・転売していたらやはり逮捕されるかもしれませんよ。

そうすると、酒販免許を取得していればネットで出品していもOKですか?

ちょっと待ってください。お酒をメルカリやヤフオクなどネット販売する場合は「通信販売酒類小売業免許」が必要になるのですが、この通信販売酒類小売業免許で許可されているお酒は西洋酒か、品目ごとの年間課税移出数量が、すべて3000kl未満である製造者が製造、販売するお酒に限られます。つまり、有名な国産メーカーのビールや発泡酒などはヤフオクに出品してはいけません。ネット販売していいお酒は大まかに言えば、外国産のブランデーやウィスキーに限られる、といったところです。

色々条件があるんですね~

やはりお酒そのものが法律で色々と制限されている商品ですからね。そこをわきまえた上で出品しなければなりませんね。アルコール中毒の問題や飲酒運転の問題、未成年者の飲酒問題など、お酒の飲み方を間違えると大変なことになる製品です。お酒を売る側にも免許制度を採用したり、3年に1度研修を受けなければいけないのは、そういった理由からです。

お酒(西洋酒)の一例

ジョニーウォーカー オールドハーモニー
コニャック ヘネシー X.O.
バランタイン 30年
アルマニャック ナポレオン
オールド・パー 12年