古物の区分:写真機類

写真機商の古物営業例:中古カメラ屋

まず、「写真機」という言葉の響きがノスタルジックではありますが、これは古物営業法が昭和24年(1949年)に作られた古い法律であるためです。どんなに最新のデジカメであっても写真機は写真機です。

カメラ転売のポイント

カメラ転売は稼げます。その儲かるポイントを以下にまとめました。

フィルムカメラは国内よりも海外に人気がある

フィルムカメラは一昔前に作られたものではありますが、海外に現存している個体数が少ない為、日本と海外で価格差が存在します。国内でも転売できますが、海外に転売した方がより利益が取れると言えるでしょう。

60サイズで発送できる:かさばらない

楽器や家電などに比べてカメラは大体60サイズに収まるサイズです。さほどかさばらない為、大量に仕入れてストックしても場所を取りません。また、梱包も容易であると言えるでしょう。

付属品も意外と売れる

例えばストロボやそれをつなぐコードなどの付属品が売れたりします。特にこれは海外からのユーザー・バイヤーが求めているケースが多いです。

カメラの未来

どんなに最新のスマホにも、必ずと言っていいほどカメラが搭載されています。これは、「人間には『美しい景色や瞬間を記録したい』というニーズがいつの時代にも存在するから」と勝手に解釈しています。つまり、手段は違えど目的は同じ、ということが言えるでしょう。昨今は若者を中心にフィルムカメラが売れているそうです。「カメラ女子」なんていう言葉も散見されます。一周回ってその価値が再認識される、といったところでしょうか。

物品例

  • カメラ
  • レンズ
  • ビデオカメラ
  • 顕微鏡
  • 双眼鏡
  • 天体望遠鏡