買取時に実施しなければならない基本事項

古物の買取を行う際は、買取依頼者の身元確認と帳簿への記録をしなければなりません。これは、全てのリサイクルショップ・リユースショップに義務付けられています。

また、原則として買取総額が1万円以上の場合、全ての古物に対して上記の身元確認と帳簿への記録が義務付けられています。但し、下記の商品に関しては買取総額が1万円未満であったとしても必ず身元確認と帳簿への記録を行わなければなりません。これらについては、万引きや窃盗の被害品であることが多く、店舗への持ち込みも多い為です。

  • ゲームソフト
  • CD/DVD
  • 書籍
  • 自動二輪車及び原動機付自転車

では、上記の商品以外で、かつ買取額1万円未満であれば身元確認と帳簿への記録は必要ないかというと、そうでもありません。やはり全ての商品の取引において身元確認と帳簿への記録を行っている店舗が多い印象です。