警察からの品触れ・差止め・立ち入り調査

品触れ

品触れとは警察からの手配書をいいます。古物商に対して窃盗事件の被害品の特徴などを通知し、その有無の確認を求めるものです。品触れを受け取ったら受取日を記載し、6か月間の保存義務が課せられます。もし品触れに該当する品物を買取依頼人が所持していた場合は直ちに通報しなければなりません。

差止め

差止めとは盗品の疑いのある古物を30日以内の期間を定めて保管することを警察から古物商に命ずることを言います。差止めが命じられると保管命令書という文書が出されます。それとともに当該古物を保管しなければなりません。勝手に卸してはいけません。

立ち入り調査

主に古物台帳などの帳簿の確認のために警察が立ち入り調査をすることがあります。調査を拒否したり妨害したりすると10万円以下の罰金が科せられます。協力しましょう。