3Rとは?

巷でたまに聞く「3R」について詳しく教えてください!

3RとはReuse、Reduce、Recycleの頭文字をとったものです。

Reuse(リユース)とは「使えるものは繰り返し使う」ことです。古くなったからといってすぐ捨ててしまうのではなく、使いたいと思っている人に譲ったりして再使用することです。私たちが生業としていることは正に「リユース」そのものです。

Reduce(リデュース)とは「ゴミなどの廃棄物の発生を抑制する」ことです。早い話が「無駄なゴミを減らすこと」です。例えばスーパーのレジ袋を使わずにマイバッグを使用する、といった、誰にでもできる身近な取り組みです。

Recycle(リサイクル)とは「資源として再利用する」ことです。ごみを分別または分解し、ごみを原材料の状態から再生することにより新たに作られた製品を利用します。

巷でいう「リサイクルショップ」は、分解することなくそのままの状態で再販・再利用するため、厳密に言えば「リユースショップ」というべきです。しかし、まだ「リユース」という言葉の知名度が弱い為、リサイクルショップという名で通っているのが現状です。

私自身も他の行政書士と名刺交換をする際に「リユース系許認可を取り扱います」「リユース業界での業務経験を活かします」と、盛んに「リユース」という単語を口にするのですが、過去に以下のような反応をされたことがあります。

  • リユースの部分だけ何度も聞き返される
    →名刺交換の相手の頭の中に「リユース」の単語が存在しない。
  • 産廃とかですか?と聞かれる
    →産業廃棄物収集運搬はリサイクルの業務であり、リユースとは異なる。

行政書士なのにリユースも知らないか、とがっかりしたことが何度かありました。ただ、私は行政書士を相手に仕事をするのではなく、あくまでこれからリユースのビジネスを始めようとしている方に対してサービスを提供するのです。今までの行政書士のように単に書類作成をして終わりではなく、リユース系行政書士としてこれからリユース業を共に盛り上げていきたいと強く思うのです。同じリユース業でビジネスを行うにあたり、是非ともこの「3R」の概念をお忘れなく!