メルカリ転売を副業で行う場合は古物商免許は必要?必要なケースを徹底解説

メルカリ転売には古物商は必要なの?

断捨離にメルカリを使ってるんだけど、違法なの?

メルカリ転売で一定の収入があるけど、古物商は必要?

このような悩みをお持ちの方もおられるのではないでしょうか。結論から言いますと、

メルカリで新品商品を販売している方は古物商免許は不要です。

しかし、中古品を取り扱っている場合は注意が必要です。

この記事では、メルカリで一定収入を得ている方やこれからビジネスとしてメルカリ転売を始める方に向けて、メルカリで古物商免許が必要なケースや、古物商許可のない中古品転売を行うリスクについて解説します。

メルカリ転売は場合によって古物商免許が必要になる

メルカリ転売は場合によって、古物商許可が必要になります。

メルカリは自宅にある不要なものを売れるフリーマーケットのようなサービス。不用品をお金にできるため、断捨離に利用する方も多いでしょう。

しかし、ものによっては古物商許可が必要になり、違反した場合は重い罰則を課せられる場合があります。

中古品を仕入れて転売する場合、古物商免許が必要

メルカリで転売するために仕入れた中古品を出品する場合、古物商許可が必要です。

というのも、古物商は「古物(中古品)」を売る際に必要な許可です。そのため、中古品をメルカリで販売する場合には古物商許可が必要になります。

古物商許可が必要になるのは、以下のようなケースです。

メルカリ転売のためにブックオフで中古品を仕入れた

友人からゲーム機を買いメルカリで転売した

ヤフオクで手に入れた漫画セットをメルカリで転売した

重要なのは転売目的で中古品を仕入れたかどうかです。転売目的でなく、自分が使用していたスマホをメルカリに出品するのは問題ありません。

しかし、「中古品をメルカリで売るために仕入れる」場合は、たとえ赤字であっても古物商許可が必要です。

新品商品を仕入れて転売する場合、古物商免許は不要

メルカリで新品商品を転売する場合には、古物商許可は不要です。

例えば、以下のケースだと古物商免許は不要になります。

海外で新品の洋服を仕入れてメルカリで売る

店舗で新品商品を仕入れてメルカリで売る

プレゼントでもらったゲームをメルカリで売る

このように、新品商品をメルカリで転売する場合には、古物商許可は必要ありません。

古物商免許が必要かどうかはメルカリの売買額は関係ない

メルカリでの収益額は「古物商許可の必要性」と一切関係ありません。古物商許可が必要なのは、中古品をメルカリで転売するために仕入れた場合です。

例えば、メルカリの収益が年収1,000万円あるからといって、新品商品を売買している場合は古物商許可は必要ないのです。

メルカリで古物営業法違反のペナルティ

メルカリで古物営業法違反のペナルティ

古物商許可を取らずにメルカリで売るために中古品を仕入れた場合、古物営業法に違反したとして重い罪が課せられます。

この場合、3年以下の懲役、または100万円以下の罰金になります。一度でも違反すれば罰則が課せられます。そのため、必ず許可を得た上で中古品の転売を行いましょう。

フリマアプリで転売を行い、書類送検された事例

実際にフリマアプリで転売目的で古着を仕入れ、無許可で販売したとして書類送検された事例があります。

ファッションブランドのコム・デ・ギャルソンでは、同社で働く社員が自社ブランドの古着3点をネットオークションなどで購入し、古着店やネットで転売したとして書類送検されました。

古物商許可を取得した上で中古品の転売を行わなければ、書類送検や逮捕、罰金などのリスクが伴います。ですので、かならず古物商許可を取得した上で中古品の転売を行いましょう。

関連記事:「ギャルソン」古着転売で書類送検 何が違法だったのか

新品商品でも古物商許可が必要なケースがある

新品商品でも「一度、一般消費者の手に渡った商品を転売する場合」は古物商許可が必要です。

例えば、メルカリで「新品・未使用の商品」を転売目的で購入し、ヤフーオークションで購入した商品を出品した場合、一度消費者の手に渡ったものを購入しているため、新品ではなく古物にあたります。

自分の手元に届いた時点で「中古品扱い」となるため、それを転売する場合は古物商許可が必要になるので注意してください。

一方でメーカーや小売店から直接新品を購入し、メルカリで販売する場合には古物商許可は必要ありません。

メルカリは古物商許可をとった方が収益アップを目指せる

メルカリは古物商許可をとった方が収益アップを目指せる

売る商品を増やすという観点から古物商許可を取った方が収益アップを目指せます。そのため、メルカリでの売買を事業として考えているのであれば古物商許可をとっておいた方が安心です。

また、中古品は「プレミア品」や「廃盤品」などが多く存在し、新品と同等、もしくはそれ以上の価値が付く商品もあります。

新品・中古品の両方を販売していけば販路を増やせますし、収益アップにもつながります。ですので、これからメルカリ転売を本格的に行いたいのであれば「古物商許可証」の取得をおすすめします。

まとめ

この記事では、メルカリ転売で古物商許可が必要・不要なケースについて解説しました。

メルカリでの断捨離や新品商品の転売は古物商許可証 は不要です。

しかし、メルカリで中古品を転売する場合は古物商許可証 が必要になります。

無許可で販売した場合は3年以下の懲役、または100万円以下の罰金が課せられますので、「一度だけだから」と甘い考えで中古品を販売するのは絶対にやめましょう。

古物商許可を取得すれば中古品も自由に販売できるため、メルカリ転売の販路を広げられます。

結果、売り上げアップにもつながりますので、メルカリ転売を事業として考えている方は古物商許可証の取得をおすすめします。

関連記事:古物商取得ガイド

行政書士リーガルプラザ