福井県での古物商許可取得は行政書士リーガルプラザへ!

~行政書士リーガルプラザのごあんない~

  • 日本で唯一(!?)の「リユース専門行政書士事務所」です
  • 古物商許可申請だけでなく、会社設立や酒販免許、質屋営業などリユースの許認可を取り扱います
  • 北海道から沖縄まで全国対応!日本中のリユース文化に貢献します
  • 神奈川県内に約10年間リユース店を複数店舗経営/店頭買取・出張買取の実務経験あり
  • ヤフオク、アマゾン、eBayなど国内外のEC実務経験あり
  • 実務経験に基づく個別コンサルティングで許可証取得後もサポートします
  • 1階の事務所ですのでバリアフリー完全対応
  • 東急バス/小田急バス 元石川町バス停より徒歩1分の好立地です
  • 申請費用等のお支払いに銀行振り込みだけでなくクレジットカード決済やコンビニにも対応します!

~代表ごあいさつ~

私は行政書士になる前に買取専門店を経営し、リユースの現場の最前線に立ち続けました。現在はこれからリユースビジネスを始めようとする方を支援する立場に回り、古物商許可証の取得はもちろんのこと、お客様の売り上げを上げるための施策を日々研究し、試行錯誤を繰り返しております。リユースビジネスの面白さと難しさを痛いほど理解している私だからこそできるご提案がございます。

リーガルプラザを通じて多くの方とリユースのお仲間ができればと思っております。ぜひ、リーガルプラザでリユースビジネスの一歩を踏み出してみませんか?お問い合わせ、ご連絡お待ちしております。

行政書士リーガルプラザ 特定行政書士
株式会社リーガルプラザ 代表取締役
松永大輔(Matsunaga Daisuke)

所属団体

  • 日本行政書士会連合会 登録番号:第19090575号
  • 神奈川県行政書士会緑支部 会員番号:第5655号
  • 神奈川行政書士政治連盟緑支部
  • 横浜商工会議所会員(635293)
  • 横浜市社会福祉協議会 法人賛助会
  • 遺品整理士認定協会 地区統括会員(IS09073)
  • 一時支援金登録確認機関(Y10000001048)

取得許認可

  • 古物商許可 神奈川県公安委員会 第451910006871号
  • 通信販売酒類小売業免許 緑法第7731
  • 特定国際種事業者 S-3-14-00321
  • 商標登録 第6265739号

保有資格

  • 法務省入国管理局承認 申請取次届出行政書士(横)行20第14号
  • リユース営業士
  • 終活カウンセラー上級(17020142)
  • 上級写真整理アドバイザー(SAJ000177)
  • 生前整理アドバイザー(39SSA01770)
  • 個人情報保護士(5053-1800-0357号)

→事務所概要の詳細はこちら

~お客様の声~

書類作成の迅速性や、警察署へ出向いてからのアドバイス等、非常に行き届いたサービスを提供して下さいました。
是非、古物の免許取得を検討されてある方は、リーガルプラザさんをご検討下さい。
心強い行政書士さんです。
この度は本当にありがとうございました。

(福岡県・40代・男性・S.N様)

とても親身に対応をして頂いて、「人情」をすごい感じました!ありがとうございました!

(神奈川県・20代・女性・S.M様)

書類の不備もなく、届出時のアドバイスまでしていただき、とてもスムーズに許可を頂くことができました。ありがとうございました。

(神奈川県・40代・女性・H.D様)

迅速な対応ありがとうございました。お陰様で無事取得出来ました。

(神奈川県・40代・男性・A.W様)

この度はサポートありがとうございました。安心して進めることができました。

(愛知県・40代・男性・R.S様)

ご丁寧に対応していただきました。ありがとうございました。

(神奈川県・20代・男性・S.H様)

古物商の取得の件でお世話になりました。最初にメールで取得までの流れなどを丁寧に説明され安心して依頼出来ました。自分だけでは時間の余裕がなかったので大変助かりました。ありがとうございました。

(神奈川県・30代・女性・Y.K様)

この度は古物商許可取得の件、誠にありがとうございました。お世話になりました。とても丁寧なご対応で、書類等の発送も迅速で助かりました。本当にありがとうございました☆

(東京都・20代・男性・T.G様)

先日は古物商の件でお世話になりました。ありがとうございました。

(神奈川県・30代・女性・R.T様)

ご依頼から古物商許可証取得までの流れ~

1:お問い合わせ

まずはメールまたはお電話でお問い合わせください。
※原則としてメールまたはお電話での対応となりますが、弊所事務所での面談も可能です。(予約制)

2:お申込み

ご依頼内容を決済サイトにてお申し込みください。クレジットカードでのお支払いも可能です。

3:ヒアリング

決済サイトにて入金確認後、これから行おうとする業務内容や古物の種類等をgoogleフォームにてヒアリングします。

4:申請書類作成

ヒアリングの情報に基づき、直ちに申請書類の収集・作成に取り掛かります。

5:申請書類を納品

申請書類がすべて完成しましたら、直ちに弊所より郵送いたします。

6:古物商許可証の申請・受領

弊所が作成した必要書類をご確認のうえ、署名・押印して頂き、管轄の警察署に提出して頂きます。
申請書の提出から許可証の交付までの標準処理期間は約40日です。

古物商許可証 申請書類作成費用

個人申請書類作成:¥22,000-(税込み)

個人申請】のお申し込みはこちら

法人申請書類作成:¥33,000-(税込み)

法人申請】のお申し込みはこちら

オプション料金

■申請代行 ¥38,500-(税込み/神奈川県収入証紙代・申請手数料込み)
■受領代行 ¥11,000-(税込み)
※神奈川県・東京都のお客様限定

申請代行】のお申し込みはこちら
受領代行】のお申し込みはこちら

古物商許可証の申請ができるのは平日の日中に限られるため、警察署へ出向くことが困難な方もいるかと思います。そのようなお客様に代わって弊所が管轄警察署へ古物商許可証の申請代行を致します。また、上記価格には神奈川県収入証紙代申請手数料(¥19,000)含まれております
※申請及び受領に係る交通費は無料です。

■添付書類取得代行 ¥16,500-(税込み)
■法人役員2人目以降添付書類取得代行 1名あたり¥5,500-(税込み)

添付書類取得代行】のお申し込みはこちら

平日に役所に行くことができない方のために、弊所が添付書類(住民票の写し・身分証明書)の取得を代行いたします。

■古物商プレート ¥3,300-(税込み)

  • 紺色
  • アクリル2層板
  • レーザー彫刻

発注にあたっては、以下の情報をお知らせください。
・各都道府県公安委員会
・公安委員会許可番号
・古物の区分
・許可を受けた法人名もしくは代表者名
・丸ゴシック体/ゴシック体/明朝体の中からお好きな書体をお選びいただけます。
※刻印内容確定後の内容変更はできませんのでご了承下さい。

■行商従業者証 ¥3,300-(税込み)

行商従業者証】のお申し込みはこちら

・メールに2cm x 2.5cmの証明写真データ(.jpg)を添付し、かつ、下記の情報を全て記載してください。

<作成にあたり必要な項目>
・氏名:
・生年月日:
・古物商の氏名又は名称:
・古物商の住所又は居所:
・許可証番号:
・主として取り扱う古物の区分:

■プロ仕様 古物台帳 ¥3,300-(税込み)
■プロ仕様 売買契約書 ¥5,500-(税込み)

プロ仕様 古物台帳】のお申し込みはこちら
プロ仕様 売買契約書】のお申し込みはこちら

弊社は2011年に開業以来、試行錯誤を繰り返しながら今日まで古物営業を行っております。その弊社が使用している、まさにプロ仕様の「古物台帳」と「売買契約書」をすぐに使える形でエクセルデータとしてご提供します。
許可証取得後に警察官が主たる営業所において、古物台帳への記帳確認をすることがあります。古物台帳は決められた様式は特にないのですが、弊社が使用している古物台帳や売買契約書を導入すれば、必要な項目・不要な項目が選別された状態でのお渡しとなるため、すぐに古物営業に活用することができます。特に売買契約書は出張買取にも対応できるようにクーリングオフに関する記述もございます。また、エクセルデータでのお渡しですので、ご自身で使いやすいようにアレンジすることも出来ます。ご使用方法などのサポートにも随時対応致します。

■全国対応リユース個別コンサルティング ¥5,500-(税込み)
■出張個別コンサルティング ¥22,000-(税込み)
※出張個別コンサルティングは神奈川県・東京都のお客様限定

古物商許可証を取得してからがビジネスの本当の始まりです。
リユース業の実務経験に基づいたアドバイスができるのが行政書士リーガルプラザの最大の特徴です。
zoomまたはskypeにて30分間コンサルティングを行います。
また、弊所へご来所いただいてのコンサルティングも可能です。その場合はコンサルティング時間を最長1時間とさせていただきます。リユースビジネスに関するお悩みやお考えをぜひお聞かせください。
また、神奈川県及び東京都のお客様限定で出張コンサルティングも行います。HPやブログなどのインターネット集客や商品撮影・梱包など古物営業に最適な環境づくりのアドバイスを致します。

■変更/書換申請書類作成:¥11,000-(税込み)
■変更/書換申請代行:¥19,250-(税込み/神奈川県収入証紙代・申請手数料込み)
※申請代行は神奈川県・東京都のお客様限定

変更/書換申請書類作成】のお申し込みはこちら
変更/書換申請代行】のお申し込みはこちら

既に古物商許可証をお持ちの方で、変更申請の必要がある方向けの書類作成をします。

【古物商の広場】ごあんない動画

~古物とは?~

古物営業法第2条第1項には以下のように定められています。

  1. 一度使用された物品
  2. 使用されていないが、使用するために取引された物品
  3. 1と2の物品に幾分の手入れをしたもの

詳細はこちらのページをご覧ください。

~古物商とは?~

古物商(1号営業)とは、買取依頼者から古物を買取り、販売又は別のものと交換する営業、あるいは委託を受けて古物を売買又は別のものと交換する営業のことを言います。

詳細はこちらのページをご覧ください。

~古物の区分~

区分プレート表示物品例
美術品類美術品商絵画、書、骨董品、登録日本刀など
衣類衣類商婦人服、紳士服、子供服、着物など
時計・宝飾品類時計・宝飾品商腕時計、貴金属類、宝石類、指輪・ネックレスなど
自動車自動車商自動車、タイヤ、カーナビなどの部品
自動二輪車および原動機付自転車オートバイ商オートバイ、現付自転車及びその部品
自転車類自転車商自転車及びその部品
写真機類写真機商カメラ、レンズ、ビデオカメラなど
事務機器類事務機器商パソコン、FAX、プリンタなど周辺機器など
機械工具類機械工具商電動工具、工作機械、家庭用ゲーム機、家電など
道具類道具商スポーツ用品、楽器、CD/DVD、ゲームソフトなど
皮革・ゴム製品類皮革・ゴム製品商ブランドバッグ、靴など
書籍書籍商まんが、実用書、写真集など
金券類チケット商商品券、ビール券、株主優待券など

古物営業法施行規則第2条より

区分の異なる物品を新たに扱う場合や、扱う物品を変更した場合は、変更日より14日以内に公安委員会に届け出なければなりません。なお、古銭或いは趣味で収集された切手やテレカ等は本来の使用目的に従って取引されたものではないとみなされるため、古物には該当しません。また、化粧品も古物には該当しません。

~古物商の義務~

古物商の三大防犯義務

買取依頼人の身元確認買取を行う際、本人確認は必ず行わなければなりません。
古物台帳など帳簿への記録義務買取及び売却を行うたびに、古物台帳等の帳簿へ記録しなければなりません。
盗品・不正品の申告義務盗品・不正品の疑いがある場合は直ちに警察へ通報・申告しなければなりません。

警察からの品触れ・差止め・立ち入り調査

品触れ品触れとは警察からの手配書をいいます。
差止め差止めとは盗品の疑いのある古物を30日以内の期間を定めて保管することを警察から古物商に命ずることを言います。
立ち入り調査主に古物台帳などの帳簿の確認のために警察が立ち入り調査をすることがあります。

詳細はこちらのページをご覧ください。

~外国人向け古物商許可証取得ガイド~

外国人の方が日本でリユースのビジネスを始めるためには必ず「古物商許可証」が必要となります。このページでは、日本に住んでいる外国人の方が古物商許可証を取得するために必要なことをまとめました。

詳細はこちらのページをご覧ください。

~メルカリなど副業のためのネット販売~

昨今、テレワークなど在宅勤務をされる方が増えているかと思います。また、そうでなくても在宅の時間が長くなり、不用品の処分や整理をする方も多いかと思います。「メルカリなどのフリマアプリやヤフオク、amazonなどでせどりや転売をして稼ぐ!」と考えている方も多いのではないのでしょうか。行政書士リーガルプラザではメルカリなど副業のためのネット販売に関するアドバイスができます。基本的なルールを守り、儲かるポイントを随時お知らせします。

メルカリなど副業のためのネット販売に関する記事はこちらをご覧ください。

~海外リユース~

行政書士リーガルプラザはebayなど越境EC(ワールドリユース)の経験も豊富です。日本から海外へ出品したり、海外から日本へ仕入れたり、ネット販売の幅を広げるお手伝いができます。昨今ではアリババなどのECサイトから仕入れを行うケースが増えていますが、弊社では主にebayを使って日本の製品を海外へ輸出する業務をメインで行っております。

越境ECに関する記事はこちらをご覧ください。

~買取実務~

よくある普通の行政書士事務所は「書類作成→申請」したら終わりですが、リユースのビジネスはむしろ古物商許可証を手にしたときから始まります。弊社はリユース業の実務経験が豊富にあります。買取事例や査定・鑑定のポイントなど買取実務に関する情報を提供できる行政書士事務所は全国でも行政書士リーガルプラザだけです!「古物商許可証を取得した後も何らかのサポートがほしい…」という方、是非とも行政書士リーガルプラザにご相談ください。

買取実務に関する記事はこちらをご覧ください。

古物商関連業務:酒販免許

お酒を販売する際は「酒販免許」が必要となります。店頭で販売する場合は「一般酒類小売業免許」、インターネットで販売する際は「通信販売酒類小売業免許」がそれぞれ必要となります。ただし、通信販売酒類小売業免許の場合、販売できるお酒の種類が限られます。

詳細はこちらのサイトをご覧ください。

古物商関連業務:質屋営業

「質屋を開業したい!」と思ったら是非行政書士リーガルプラザへ!質屋営業を行うには単に書類の申請だけではなく、設備要件を満たす必要があります。

詳細はこちらのページをご覧ください。

~古物商許可申請関連情報コラム~

「個人で申請する場合、費用はどれぐらいかかるの?」「古物商のプレートはどうすればいいの?」「略歴書はどう書けばいいの?」「古物営業法の改正とは?」など、皆様からの「古物商許可証の取り方、教えて!」の声にお答えします!

古物商の取得方法など古物商許可申請に関する記事はこちらをご覧ください。

~最新の古物商コラム~

  • 翡翠の鑑別書
    こちらは翡翠の鑑別書です。通常、色石の鑑別書はこれ1枚で終わるのですが、翡翠の場合は含侵処理がされているかどうかの分析レポートが附帯します。これにより、当該翡翠が合成樹脂の含侵処理されていないことを証明する材料となります […]
  • 携帯電話の買取/査定方法
    携帯電話を買い取る際、幾つかのチェックポイントがあります。確かに携帯電話は他の商品などと比べて査定のチェックポイントが多い為、時間が掛かってしまうのは確かです。ですので、まずは査定対象となるものとならないものとで選別をし […]
  • 行政書士リーガルプラザ ユーチューブチャンネル開設のお知らせ
    平素よりお世話になっております。行政書士リーガルプラザでは2021年より、行政書士リーガルプラザのユーチューブチャンネルを開設します!内容は、古物商許可申請にまつわるネタを中心に、古銭やリユース品の話、リユース業界全体の […]
  • リペアした商品を再販する場合は古物商許可証は必要?
    家電など壊れたものを引き取り、自分でリペア(修理)して再販する場合は、古物商許可証は必要ですか? 壊れたものを「無償で」引き取った場合は古物商許可証は不要です。しかし、「有償で」引き取る=買い取る場合は古物商許可証は必要 […]
  • 人事異動による管理者の変更
    私は元々A店の管理者だったのですが、人事異動でB店へ配属されることになりました!管理者としてもそのままA店の管理者からB店の管理者へ就任、ということになるそうですが、その際に必要な手続きは何かありますか? 変更届出書を、 […]

福井県内の古物商許可申請管轄警察署一覧

名称管轄区域
福井警察署福井市の内 福井南警察署、坂井西警察署の管轄区域以外の区域 吉田郡 永平寺町
福井南警察署福井市の内 足羽川、日野川(足羽川との合流点から九頭竜川との合流点までの区 間)、九頭竜川(日野川との合流点から下流の区間)の左岸の区域(平成18年1月 31日現在における足羽郡美山町の区域、深谷町、金屋町、下市町、大瀬町、角折町、 西学園1~3丁目、水越1・2丁目、飯塚町、渡町の一部、稲津町の区域及び白方町、 石橋町、石新保町、川尻町、両橋屋町の一部に係る福井臨海工業地帯の区域を除く)
大野警察署大野市
勝山警察署勝山市
あわら警察署あわら市
坂井警察署坂井市の内 平成18年3月19日現在における坂井郡丸岡町、同郡春江町、同郡坂 井町の区域
坂井西警察署坂井市の内 平成18年3月19日現在における坂井郡三国町の区域 福井市の内 白方町、石橋町、石新保町、川尻町、両橋屋町の一部に係る福 井臨海工業地帯の区域
鯖江警察署鯖江市 丹生郡 越前町
越前警察署越前市 今立郡 池田町 南条郡 南越前町
敦賀警察署敦賀市 三方郡 美浜町 三方上中郡 若狭町(平成17年3月30日現在における三方郡三方町の区域)
小浜警察署小浜市 大飯郡 おおい町、高浜町 三方上中郡 若狭町(平成17年3月30日現在における遠敷郡上中町の区域)

福井県警察の古物商関連ページ