金相場、絶賛高騰中!

金相場、すごく上がっていますね!

弊社独自で調べたデータによると、8月7日のg7676円。これが今のところ史上最高値となっています。ちなみに2019年の8月7日はg5400円、2018年は4638円、2017年は4800円、以下4000円代後半で推移することが多かったのですが、今年は7676円。異常に高騰しています。

何が原因でここまで高騰しているのですか?

一般的に、世界的なリスクが発生すると安全資産としての金が買われる=金相場が上がる、ということが多々あります。これだけ金相場が高騰しているのはコロナの影響に他ならないのですが、先月起こったレバノンの爆発といった地政学的リスクも金相場に影響されます。また、トランプさんが問題発言をしただけで金相場が上がる、なんてこともあります。

これからの金相場はどうなると思いますか・・・?

今、これだけ金相場が高騰しているのは一種のバブルだと思うんですよね。つまり必ず終わりのときが来る、g4000円代の時に戻るときが来ると思います。ただ、それがいつなのかは予想するのが難しい。個人的にはコロナのワクチンが全世界に供給され、「コロナが収束した」と言える状態になれば、金相場も暴落、つまり元に戻るのではないかと思います。いずれにしても史上最高値というのはウソではないので、金を売るなら今がチャンスだと思います。