【買取実務/商品知識】貨幣セット

造幣局から発行される「貨幣セット」。1円から500円までの666円分をケースに個装し、毎年販売されています。世界的にもコレクターが存在します。この貨幣セットについては、鏡面仕上げをした「プルーフセット」と通常貨幣の「ミントセット」の2種類あります。また、50円玉や1円玉など一般的に流通しなかった「特年」と呼ばれる年もあります。例えば昭和62年は50円玉が一般流通しませんでした。しかし、貨幣セットのためだけに50円玉が製造されました。つまり、昭和62年の50円玉は貨幣セットの中でしか存在しないことになります。このような特年の貨幣セットは通常よりも高値で取引されます。また、海外のコレクターは特にプルーフセットを好む傾向があり、昭和62年のプルーフ貨幣セットは特に高値で取引されます。

貨幣セットの一例

2004 プロ野球誕生70年プルーフ貨幣セット
2006 日豪交流年プルーフ貨幣セット
2001 ミントセット
桜の通り抜け 貨幣セット
ベルサイユのばら 貨幣セット
平成5年 敬老貨幣セット
1998 プルーフ貨幣セット
昭和62年 貨幣セット