マスク転売で初の逮捕者!

とうとうマスク転売で逮捕者が出ました。逮捕案件は「国民生活安定緊急措置法違反」です。今年の3月15日から施行された出来立てほやほやの法律なのですが、ヤフオクやメルカリでもマスク転売は禁止されており、マスク転売=違法行為、といった図式は一般的には浸透しているかと思います。このブログにおいても再三取り上げています。

今後もこういった案件は増えますか?

ある程度は増えると思いますよ。これは古物商許可証を所持していればいいという問題ではなく、マスク転売行為そのものが禁止されている問題なので、それを理解できるかどうかだと思います。

私も、近所のスーパーの駐車場の近くで1度だけマスクの露天商を見たことがあります。すでに撤収しようとしていたところだったのですが、昔の駅弁売りみたいに首から台をぶら下げてマスクを売っていたようです。見たところ、そのスーパーの許可は全く得ていないような雰囲気だったので、その点においても悪質ですね。服装も、とてもビジネスをしているような服装ではありませんでした。そのような露天商を見つけたら、まずはその店の許可を得ているのか、店の人に知らせた方がいいでしょう。

マスクの露天商、もはやネタですよ!子供も見てますよ!

ただ、転売ヤーの餌食になっている商品はマスク以外にもありますよね。例えばアルコール消毒液とかニンテンドーswitchとか。そもそも、私がスーパーで買い物をしようとしたときもホットケーキミックスは品切れでした。普通にホットケーキが食べたかったのに。。

基本的に転売ヤーの目的は金を稼ぐことであり、商品の品質管理など眼中にありません。それ故、転売ヤーからホットケーキミックスなどの食材を買うのは非常に危険です。それらの食材はネットで買わずに、普通にスーパーで販売されるのを待っていた方がいいですよ。マスクに関しても直接肌に触れる商品であるがゆえに、保存・管理状態が悪ければ体に悪影響を及ぼしかねません。どうしてもネットで買わなければならない場合は、どんな人が何を売っているのか、よく調べた上で購入するようにしてください。