営業所・店舗の管理者について

古物営業法では、一営業所につき一管理者の選任が必要であると定められています。

誰でも管理者になれるのですか?

誰でもなれるわけではありません。一定の条件があります。

管理者の条件

  1. 営業所・店舗での古物取引に関して管理・監督・指導ができる立場にあること
  2. 営業所・店舗に勤務できること
  3. 未成年者や欠格事由に該当しないこと

基本的には店長的なポジションの人であれば、そのまま管理者に該当する感じでしょうかね。そもそも真贋がわからなければ店長も管理者も務まらないでしょうし、管理・監督・指導ができるとは言えませんからね。

ところで、「2」の「営業所・店舗に勤務できること」って、どういうことですか?こんなの当り前じゃないですか!?

その営業所の管理者として登録したのに、実際は別の勤務地に勤務することはできない、ということです。例えば東京の事務所の管理者として登録したのに、管理者本人は北海道に住んでいる、というケースは管理者として登録できません。また、他の営業所・店舗との掛け持ちも出来ません。あくまで「一営業所につき一管理者」です。