【鑑定教室】切手

切手を買い取る際に、何か気をつけることはありますか?

消印が押されているものは買取不可

消印が押されているものは使用済み切手です。原則として買取はできないものとして考えていいでしょう。引き取った場合は「消印付き使用済み切手」としてオークションに出品するのもいいと思います。

角が欠けているものは買取不可

郵便局の窓口では、角が欠けている切手を受け付けてくれないことが殆どです。そうなると、角が欠けている切手はリユースできないことになります。

糊がついていないものは買取OK

消印もついていないし角もかけていないが、裏面を触ると糊がついていない…そのような場合でも切手は有効に使用できるため、買取はできます。ただ、その切手を封筒などに貼ったりする際はひと手間かかることになりますが…

シートとバラでは買取利率は異なる

当然シートの方が換金率は高くなります。ただし、シートの耳が欠けていたり、折れ曲がっていたりするなど著しく状態が悪いものは換金率が下がるか、バラ扱いとなります。

プレミア切手は個別査定

「月に雁」や「見返り美人」など、切手コレクターの中でも人気の高い銘柄の切手は個別に査定します。これらは状態によって金額が大きく左右されます。シートであれば当然高くなります。また、消印がついている場合であっても金額がつく場合もあります。

切手鑑定のまとめ

  • 消印がついていないか、角が欠けていないか、とにかく表面の状態を確認しましょう。
  • シートの方がバラより換金率は高くなりますが、状態に注意
  • プレミア切手は個別に査定し、状態をシビアにチェックしましょう。