【鑑定教室】携帯電話

携帯電話を買い取る際のポイントを教えてください!

白ロム/赤ロム/黒ロムを判別します

前提条件として、残債がある携帯電話は買取できません。キャリアで2年縛りの契約したものの、2年未満で端末を売却してしまう場合、残債があるため買取をしてはいけません。

通電確認します

機種変更した際に、使い終わった携帯電話を持ち込まれることが多いです。その場合、充電が完全に0%の状態で持ち込まれることが多い為、通電確認をする際に充電をした上で確認する必要があります。また、充電ケーブルもあらかじめ用意しておかなければなりません。

アクティベーションロックを解除する必要があります

特にiPhoneの場合、アクティベーションロックを解除できなければ、他の人が使用することはできません。買い取る前に必ずアクティベーションロックを解除するようにしましょう。

パスコードを無闇に押し続けると大変なことになる

パスコードとは端末を立ち上げた際に表示される、4桁の暗証番号のようなものですが、これを一定の回数間違え続けると一定の期間操作できなくなります。iPhoneの場合、10回ぐらい間違え続けると復旧することはほとんど不可能になります。

最も値下がりが早い商品

携帯電話も基本的には家電と同じ考えで、新しければ新しいほど高性能・高品質となります。ただし家電よりもライフサイクルが早く、新機種が次から次へと出るため、現在の中古相場と1年前の中古相場とでは大きく異なる場合があります。それ故、携帯電話は買い取ったらすぐに出品・販売し、在庫として持ち続けないようにしましょう。