東京オリンピック 1000円銀貨

今年はオリンピックの年!今から楽しみだけど、本当に実施するのかな?(笑)

それはさておいて、前回の東京オリンピックグッズってどんなものがありますか?

前回の東京オリンピックは1964年に開催されました。当時はオリンピックに合わせて新幹線が開通したり首都高が開通したりと、大いに賑わいました(私はまだ生まれていませんでしたが)。

記念グッズも多数販売されました。いろいろありますが、その代表的なのは「記念硬貨」ではないでしょうか。当時の100円玉は今とは違って「銀貨」でした。この100円銀貨についてはまた別のタイミングでお話しすることとしまして、今回は「1000円銀貨」についてお話しします。

まず銀の純度についてですが、100円銀貨が60%であることに対し、こちらの1000円銀貨は92.5%、すなわちSV925であります。それに加えてデザインがいいですよね。表面に五輪のマーク、裏面は日本を象徴する富士山と桜です。これだけデザインがいいと、やはり記念に1枚持っておきたくなりますよね。

今回のオリンピックでは残念ながらこのような記念硬貨を発行するという話は聞きません。発行されたらかなり売れると思うのですがね~。

1964年の東京オリンピックグッズは、この記念硬貨のほかに「記念切手」も発売されました。こちらに関する話もまた別のタイミングでお伝えいたします。

いずれにしても、オリンピックグッズはきっとプレミアがつく…はず。。